熱きコーチ陣



網屋 薫 今年で部創立34年目となります。40年、50年と続くように後継者を育てたいと思っていますが、まだまだやるぞ!!
村上 真二 子供3兄弟がお世話になり、教わった上宇部魂を後輩達に伝授するため、しっかりとアシストしていきたいと思います。
大迫 陽介 バスケットだけでなく、自分に負けない強い子供の育成を心掛けます!
上田 悟 伝統を守りつつ、子ども達が卒団する時に「上宇部でバスケットをして良かった」と思えるような
指導を目指して、日々精進します!
宮川 尊 平成24年度より女子のコーチを担当させて頂いています。
アミヤイズムを継承し、やさしく、厳しく!、そして楽しく指導していければと思っています。
吉岡 徹 昭和62年、上宇部ミニバスを卒業しました。
かつて自らが経験させてもらった感動を、今度は指導者として子供たちと味わえるよう、
愛情をもって厳しく指導します!







熱きコーチ達

                                     歴代コーチ

氏名 自 己 紹 介
萬代 英男 バスケに関わって50数年。もうすぐ3代にわたって指導したという家族が出来るでしょう。
口癖は「子どもにほれろ!」「やかましー」「かすがはちろういね」。
しばらくは、充電していたが、残りパワーが続く限り、
ミニバス1本でいきます!!
網屋 薫 ミニバスを指導して32年、近年試合会場で「小学生のころ指導してもらった」という他のチームのお母さんがたくさんいます。
OB達には、迫力がなくなったと、批判を浴びていますが、コーチも成長したと言い聞かせています。
もう一度、かつての強いチームを作ることが目標です!
大草 久照 自分の子どもがミニバスをやっていた関係で、そのままコーチとして残りました。厳しく、激しい時代の
上宇部を知っています。もう一度原点に帰って、厳しい指導をしていきます。
相川 智幸 平成4年に厚狭小から転勤してきました。厚狭小着任時よりミニバスに関わっています。
コーチの中で唯一の教員です。子ども達の良い所を見つけるのが、指導の原点だと思っています。
萬代 武士 昭和60年、上宇部ミニバスを卒業しました。上宇部ミニバス史上、最も多くの練習をしました。おかげで
体重が半分になりましたが、今は元に戻っています
.....(^_^;)
上宇部の伝統を網屋コーチがやわらかくなった分、自分が守らなければならないと思っています。
網屋 健太 平成元年、上宇部ミニバスを卒業しました。後一歩及ばず全国大会には行けませんでしたが、後輩達に
夢を託して、一緒に全国を目指す気持ちでいっぱいです。